ウォラッシヤアアアラアアアアアッ(Swingの巻)

室伏参考URL
http://museru.digi2.jp/g03/g03.html (まんなか辺り)

JME(jMonkeyEngine) SDKのデキがイマイチだ、、。CustomControl系を編集すると、SDKがバグって深刻な編集不能状態に陥ることが多々あり、ちょっと迂闊にSDKでCustomControlに手を出すことが出来ない。あと、衝突判定の設定等ももう少し視覚的、直感的にできるかと思っていたが、なんか無理そうね。

かといって、JMEのライブラリの方はイイデキだし、他に代替もないので、SDKを棄てる訳にもいかない。SDKのバグ修正や機能追加は気が重いので、その穴を埋めるツールを自分で作るしかないなと思った。

そこで欠かせないのがJavaの標準GUIプラットフォームであるSwing。公式ページでもこちらでSwing実装の方法が記されている。
http://hub.jmonkeyengine.org/wiki/doku.php/jme3:advanced:swing_canvas

これに従って実装したのがこちらのソースです。

これで、デフォルトの画面をSwingキャンバスで表示することが出来た。いつもの画面解像度を聞いてくるダイアログボックスも出てこないのでサクサクでいいね。

とりあえず、これをさらに改造して、今までBlenderで作ったモデルを表示し、アニメーションさせ、Appletにするのが、次の目標。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です