今日は法線を設定しちゃうぞ

Blenderで編集しているときはきれいに表示されてるのに、JME(jMonkeyEngine)では上手く表示できない。。。そういうのが一番困るわー。そして、起きてしまった、そんな事態。次の絵を見てください。

Screenshot from 2013-06-13 21^%14^%35

これはJMEで表示した、JME用に作り直している剣士である。左目とゴーグルが所々欠けてしまっている。Blenderではちゃんと表示されているのに。まえまえから、D君の頃から、BlenderとJMEに表示の違いがあるのを認識しつつ黙殺して進めてきたが、さすがにコレはありえない。覚悟を決めてこの問題を解決すべく、調査や試行錯誤してみた。

で、結論が「法線(Normals)を調整すること」だ!
まあ、前から法線ってうすうす聞いたことありました。例えば球やなめらかな曲面などをそれらしく見せるのに必要なパラメータのようです。ポリゴンは本来、点と点を結ぶ直線の集合でカクカクしたものだけど、法線というもう一つのパラメータを持たせることで線に膨らみを持たせることが出来る。って感じです。あまり詳しいことは分からんけど。

Blenderで法線を表示して確認するにはメッシュをEditModeにして、3DViewの右端に出るメニュー(Nキーで出る)にNormalsという項目があるので、そこにあるボタンをポチポチして好きなように表示することが出来る。

それで確認すると、なるほどー、左目の法線は右目の法線に比べてずっと短くなってたし、ゴーグルの法線も短かった。

これらの法線の長さを調整するにはWキーを押して出てくるメニューの「Flip Normals」でできる。こうして修正して、再度JMEで表示したのがこれ。

Screenshot from 2013-06-13 21^%55^%35

うーん、Good!
なんか、法線問題って3D初心者がよく巡り合う問題のようですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です